東ト協「創立50周年」記念事業

東ト協「創立50周年」記念事業

 平成28年は、東京都トラック協会にとって、前身の「東京陸上運輸協会」創立(昭和41年10月25日)以来50周年という、記念すべき年でした。
 半世紀にわたる「歩み」を礎に、新たな歴史の幕開けを期すべき年でもあることから、現在、東ト協創立50周年の様々な記念事業を進めています。

「創立50周年」告知ロゴマーク

「ありがとうの笑顔を運ぶ」をメーンコピーに、東ト協のシンボルマークと、荷物を運ぶトラックをあしらったシンプルなデザインで、東ト協の「創立50周年」をストレートにアピールしています。

「東ト協50年史」を発刊

 一般社団法人東京都トラック協会はこのほど、創立50周年記念事業の一環として『1966―ともに進み、夢をかたちに。―2016 東ト協50年史』を発刊いたしました。  本書は、既刊の「10年史」「15年史」「20年史」「30年史」に続くもので、「30年史」以降、20年間の歩みを重点にまとめつつ、半世紀にわたる業界活動を概括しています。

「東ト協50年史」を発刊

「トラックフェスタ TOKYO 2016」開催

 東ト協では、平成28年10月30日(日)、渋谷区の代々木公園にて、新たな試みとして「トラックフェスタ TOKYO 2016」を開催し、トラック輸送の役割や東ト協の事業活動などを広く社会に発信・アピールしました。

50周年を記念した社会貢献

 東ト協では、従来から交通事故被害者に対する支援活動を行っていますが、50周年の記念事業として、「命を救う」社会貢献活動を実施する予定です。
 これは、会員事業者のトラックに、事故遭遇時などに被害者の救急救命に役立つAED(自動体外式除細動器)を搭載し、万一の場合の救命に役立てるものです。
 また、「トラックの森」づくりの一環として、東京都の協力を得て、街路樹の植栽を計画しています。

50年の歩み

 「東京都トラック時報」(毎月10日、25日発行)にて、「50年の歩み~あの時は」を、平成28年1月10日号から18回連載しました。掲載記事は、東ト協ホームページにも掲載しています。

50年の歩み~あの時は

記念式典・祝賀会の開催

「創立50周年」記念式典・祝賀会を10月12日、千代田区の帝国ホテルにて開催しました。

situs slot online terpercaya situs judi bola terpercaya bandar judi bola piala dunia 2022 situs judi online terpercaya rtp slot gacor catur777 idn poker judi bola sbobet akun slot gacor QQLINE88