アーカイブ

東京2020大会開催に伴う東京都条例に基づきディーゼル車規制等の周知徹底依頼について

 東京都は、平成15年10月から都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(以下、「条例」という。)に基づき、粒子状物質排出基準に適合しないディーゼル車の都内走行を禁止等、各種の規制を実施しています。
 ディーゼル車規制については、これまで条例の周知や取締りを実施してきましたが、現在に至っても条例の排出基準に適合しない車両の都内走行が確認されています。
 つきましては、来年夏の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、関連の様々な物質等輸送が拡大し、全国各地から非常に多くの車両が都内に流入することが見込まれるため、改めて東京都の自動車に関する規制について、傘下会員に対する再周知協力の依頼が、下記のとおりございましたので、宜しくお願い申し上げます。

<都における自動車に関する主な規制>

他の地域で走行可能な車両(自動車NOx・PM法に適合した車両等)でも、都条例の排出基準に満たない車両は「都内走行禁止」です。違反した場合には運行禁止命令の対象となる場合もあります。
まず、チラシ裏面の「車検証であなたの車をチェック!」により規制適否をご確認いただき、適合していない場合には指定の粒子物質低減装置を装着するか適合車両を使用する必要があります。
自動車等を駐車したときはエンジンを停止すること(アイドリング・ストップ)が義務付けられています。東京オリンピック・パラリンピック開催中は酷暑が予想されますが、停車中は運転者の健康を確保するために、休憩場所の確保など特段の配慮をお願い申し上げます。

(添付資料)

・東京都リーフレット
「東京都ではディーゼル車規制を実施しています」

・九都県市首脳会議リーフレット
「埼玉・千葉・東京・神奈川でディーゼル車規制実施中」

(ディーゼル車規制に関する問い合わせ先)

東京都 環境局 環境改善部 自動車環境課
ディーゼル車規制相談窓口
電話:03-5388-3528
FAX:03-5388-1382