アーカイブ

2019年度 睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査助成事業の実施について

東京都トラック協会では、本年度も標記助成事業を行います。

1.検査申込み受付期間

2019年4月8日(月)~同年12月27日(金)

※ 但し、2019年4月1日以降に実施した検査について、東ト協及び全ト協の助成要件を満たしている場合には遡って助成対象とします。

2.検査・助成対象者

東ト協会員事業者の都内事業所に勤務している運転者等

3.検査・助成対象人数

2,500名(定員になり次第、締め切りとなります。)

4.検査内容

(1)問診用紙への記入(アンケート様式)
(2)スクリーニング検査機器による検査

※検査機関から送られた検査機器を、装着して睡眠することで、睡眠時の呼吸状況が記録される。その機器を返送すると、検査・医療機関がSASの可能性を分析・診断する検査。
 
(検査機器は貸し出しとなりますので、検査機関へ出向く必要はありません。)

5.検査費用の助成

1社30名まで、1人上限4,000円(全ト協助成額2,500円+東ト協助成額1,500円)

※ 検査費用は概ね1人5,000円で、助成額は検査費用を上限とします。
※ 再検査費用助成については、半額までとし、500円を上限とします。

6.睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査助成制度 実施要綱(PDFファイル)

7.検査申込みから助成金を受け取るまでの流れ

  1. 検査の申込みは、申込書(様式1-1)(MS Excelワークシート)をFAXにて東ト協 業務課に提出。
  2. 東ト協 業務課より連絡を差し上げます。
  3. 検査・助成内容についての手続詳細(PDFファイル)
    (※検査の申込みをされたご担当者は必ずお読みください。)
  4. 検査機関に電話にて予約をした上、睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査申込書兼委任状(様式1-2)(MS Wordワークシート)を検査機関へ提出。
    (※写しを必ず保管してください。)
  5. 検査機関へ検査費用の支払い。
  6. 検査機関より検査費用入金確認後に送られてくるスクリーニング検査機器等を受け取り、検査を行う。
  7. 検査終了後、スクリーニング検査機器等を検査機関へ返送。
    (※機器等の返送料はご負担してください。)
  8. 検査機関より検査結果の到着。
    (受診者毎に入った封書が一括して事業者へ送付されます。)
  9. 東ト協へ助成金の請求
    睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査助成金申請書(様式1-3)(MS Excelワークシート)を提出。
    ※ 検査明細書の写しと領収書の写しを添付してください。
    ※ 再検査費用の助成金を請求する場合は、再検査における検査明細書の写しと領収書の写しを添付してください。

    提出先: 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-8
    (一社)東京都トラック協会 業務課
  10. 助成金の交付
  11. 検査の結果報告
     請求の後、3ヶ月以内にスクリーニング検査結果、及び精密検査を受診した人についてはその結果について、スクリーニング検査結果状況等の報告(様式1-5)(MS Excelワークシート)により全ト協へ報告してください。

問い合わせ先

(一社)東京都トラック協会 業務課
TEL 03-3359-6257
FAX 03-3359-4983