平成30年度「引越講習」の開催について

 一般社団法人東京都トラック協会では、「引越事業者優良認定制度」の認定要件の1つである「引越基本講習」及び「引越管理者講習」を下記の通り開催致します。

  

(1)平成30年度 第1回引越基本講習

1)開催日時

平成30年 6月13日(水)10:00~16:00

2)会場

新宿区四谷3-1-8
東京都トラック総合会館 7階 大会議室

3)定員

100名

4)受講費

引越専門部会員   無料
引越専門部会員以外 3,500円/名
(当日徴収致します)
 ※昼食は、事務局にて準備致しません。

5)申込方法

【別紙1-1】受講申込書(Excel)及び〔様式1〕(A)申込書兼受講票(Excel)に必要事項を記入の上、東ト協 事業振興部までFAX(FAX番号 03-3359-4983)にて、お申込下さい。

※引越基本講習案内文書(PDFファイル)

6)申込期間

4月27日(金)~5月30日(水)
※締切前であっても、定員を超えた場合は受付を終了させていただきます。

※定員を超えたため、受付を終了させていただきました。

  

(2)平成30年度 第1回引越管理者講習

1)開催日時

平成30年 6月19日(火)12:45~17:30

2)会場

新宿区四谷3-1-8
東京都トラック総合会館 7階 大会議室、4階会議室

3)定員

100名

4)受講費

引越専門部会員   無料
引越専門部会員以外 3,500円/名
(当日徴収致します)

5)申込方法

【別紙1-2】受講申込書(Excel)及び〔様式2〕(B)申込書兼受講票(Excel)に必要事項を記入の上、東ト協 事業振興部までFAX(FAX番号 03-3359-4983)にて、お申込下さい。

※引越管理者講習案内文書(PDFファイル)

6)申込期間

4月27日(金)~6月 5日(火)
※締切前であっても、定員を超えた場合は受付を終了させていただきます。

※定員を超えたため、受付を終了させていただきました。

  

(3)平成30年度 第2回引越管理者講習

1)開催日時

平成30年 7月25日(水)12:45~17:30

2)会場

新宿区四谷3-1-8
東京都トラック総合会館 7階 大会議室、4階会議室

3)定員

100名

4)受講費

引越専門部会員   無料
引越専門部会員以外 3,500円/名
(当日徴収致します)

5)申込方法

【別紙1-2】受講申込書(Excel)及び〔様式2〕(B)申込書兼受講票(Excel)に必要事項を記入の上、東ト協 事業振興部までFAX(FAX番号 03-3359-4983)にて、お申込下さい。

※引越管理者講習案内文書(PDFファイル)

6)申込期間

4月27日(金)~7月11日(水)
※締切前であっても、定員を超えた場合は受付を終了させていただきます。

※定員を超えたため、受付を終了させていただきました。

  

(3)問い合わせ先

(一社)東京都トラック協会 事業振興部 遠藤
 TEL 03-3359-3401
 FAX 03-3359-4983

平成30年度第39回東京都トラック協会ドライバー・コンテストの実施について

 (一社)東京都トラック協会では、会員事業者の都内営業所の営業用トラック運転者を対象に、関係法令、安全運転、交通公害防止、エコドライブ等の知識及び技能の向上を図り、「都民に信頼されるプロドライバーとして意識の高揚を図ること」を目的に、標記ドライバー・コンテストを、下記の通り実施します。
 また、昨年度に引き続き、一般部門のうちの2トン部門は東ト協大会のみで実施されます。この2トン部門に参加できるのは、中小企業基本法に規定する中小企業者であり、従業員数300人以下、または資本金3億円以下の会員事業者に限ります。
 なお、この競技会は、平成30年10月27日・28日に開催される「第50回 全国トラックドライバー・コンテスト」の東京都代表選手選考を兼ねています。

1.実施要領

(1) 学科競技(法規(道路交通法・構造機能(車両)・運転常識等)
各部門共通とし、一部を「四肢択一問題」、残りは〇×正誤式とする。
(2) 実科検定(運転操作及び法規履行・コース走行・課題走行・運転態度等)
学科競技の成績上位者を対象に下記部門別に実科検定を行います。
1) 一般部門(2トン・4トン・11トン・トレーラ) ※学科成績上位10名までとする。ただし、トレーラ部門(連結・分離競技は含まない)は、学科成績上位5名までとする
2) 女性部門(実科検定時の使用車両を2トン・4トン・11トン・トレーラから選択)※学科上位5名まで

2.コンテスト内容

「平成30年度第39回東京都トラック協会ドライバー・コンテスト実施要領」(PDFファイル)の通り

3.日程

○一般参加募集・支部推薦期間
平成30年5月7日(月)から平成30年6月8日(金)まで
○学科競技
平成30年7月7日(土)
○実科検定
平成30年7月29日(日)
○表彰式
平成30年7月29日(日)

4.提出書類

「事業者用参加申込書」(Excelファイル)

 参加希望の方は上記の事業者用参加申込書に必要事項を記載し、運行管理部宛にFAX(03-3359-4983)してください。
 確認後、運行管理部より連絡担当者様宛に選手登録に必要な書類を郵送、またはメールにて送付いたします。

●問い合わせ先

(一社)東京都トラック協会
運行管理部 運行管理課
TEL:03-3359-3618
FAX:03-3359-4983

「安全運転研修会」の開催について

 東京高速道路交通安全協議会との共催で、高速道路における交通事故防止等をテーマに下記のとおり研修会を開催いたします。
 なお、本研修はGマーク申請で安全性に対する取組の積極性「5.外部の研修機関・研修会へ運転者等を派遣している」の項目で加点対象(選任運転者(2点)、選任運転者以外の従業員(1点))となります。

1 開催日時

平成30年5月24日(木)
 ・第1回:午前10時から午後12時まで 
 ・第2回:午後1時30分から午後3時30分まで

2 開催場所

東京都新宿区四谷3-1-8
東京都トラック総合会館 7階 大会議室

3 テーマ及び講師

(1) 「安全運転について考える」 ~ 安全運転の基礎知識
                東ト協 適正化事業部長  小沼 進一
(2) 「一般道における交通事故防止」 ~ 危険予知の重要性
                同 上
(3) 「高速道路における交通事故防止」 ~ 実際の事故事例に学ぶ
                警視庁高速道路交通警察隊 担当官

4 定員

各回ともに70人
※本研修の参加対象者は、東京都トラック協会会員事業者および高速安協会員事業者に限らせていただきます。

5 申し込み方法

安全運転研修会参加申込書」(Word形式)に必要事項をご記入の上、FAX(03-3359-6009)でお申し込みください。
 ※参加人数は各営業所2名までとさせていただきます。

6 受付期間

平成30年4月27日(金)から5月23日(水)まで

   「研修会申し込み状況」(PDFファイル)
  ※受付は終了いたしました。

7 参加費

無料

主 催:(一社)東京都トラック協会、東京高速道路交通安全協議会
お問い合わせ先
(一社)東京都トラック協会 適正化事業部(高速安協事務局)
電 話 03-3359-4138
FAX 03-3359-6009
「トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン」について(全ト協) 「第7回 日中韓サミット」の開催に伴う交通規制の実施について~警視庁からの協力要請~

 「第7回日中韓サミット」が、来月9日、迎賓館で開催される見通しとなりました。
 警視庁では、外国要人一行の安全確保に向け、要人一行の日程に合わせて首都高速道路や一般道路において交通規制を実施する予定です。
つきましては、交通渋滞発生に対する御理解と渋滞緩和に向けた御協力をいただきたく、下記の事項について御配意をお願い申し上げます。

1 交通規制を実施する予定期間

平成30年5月8日(火)から5月10日(木)までの間

2 主に交通規制を実施する場所

○ 首都高速道路(東京国際空港と都心部を結ぶ間)
○ 迎賓館周辺道路など

3 お願い事項

○ 交通規制に関する情報を事前に確認して頂き、運行調整による渋滞回避の措置をお願いします。
※ 外国要人一行来日の前に、警視庁ホームページに交通規制の内容が掲載されます。

「貨物運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」の一部改正について(国土交通省)(全ト協) 東京港コンテナターミナルにおける海上コンテナ車両待機時間調査結果

東京都トラック協会海上コンテナ部会では、東京港各コンテナターミナルにおける海上コンテナ車両の待機時間調査を定期的に実施しています。

調査結果

【問い合わせ先】

(一社)東京都トラック協会 多摩支部
   国立市北3-27-11 三多摩自動車会館内
   電 話 042-524-3469
   FAX 042-525-1775

平成30年度 衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成事業の実施について

 東京都トラック協会(東ト協)では、全日本トラック協会(全ト協)が定める標記助成事業について、以下のとおり東ト協会員事業者に対して、申請受付をします。

1.申請受付期間

平成30年4月16日から平成31年3月15日まで

2.助成額

車両1台につき、10万円を上限として、装置取得価格(税抜実勢価格)の1/2までとし、1会員事業者あたり10台分まで
詳しくは、「平成30年度衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成事業取り次ぎ実施要領」(PDF)を参照。
(東ト協分の助成額2,250万円(225台分(1台10万円想定))に達した時点で受付終了)

3.助成の対象

 車両総重量3.5トン以上、8トン未満の事業用トラックに対象装置を導入(購入またはリース)した東ト協会員事業者で、中小企業者(資本金の額または出資の総額が3億円以下の会社、または常時使用する従業員数が300人以下の会社)であること。

4.助成対象装置

 国の「事故防止対策支援推進事業(先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援)」の対象装置と同様のもの
 (詳細はメーカー・販売店等にてご確認ください。)
なお、平成30年4月1日から平成31年3月15日までの期間内に、上記装置の装着が完了し、終了しているものに限る。

5.申請様式等

 以下の(1)申請様式の①~③に、(2)添付書類の④~⑥の必要書類を添えて、東ト協 運行管理部へ提出してください。(郵送可)
 申請受付後、東ト協から全ト協に対して助成金請求を行った上で、交付請求した会員事業者の銀行口座へ振り込みます。(※多少の期間がかかります。)

(1)
申請様式
「衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成金 交付請求書」(様式1)(様式1ワード) (様式1PDF)
「衝突被害軽減ブレーキ装置 導入内訳書」(様式2)(様式2エクセル) (様式2PDF)
「衝突被害軽減ブレーキ装置 搭載証明書」(様式3)(様式3ワード) (様式3PDF)
「確認書」(様式6)(様式6ワード) (様式6PDF)

「取り次ぎ実施要領」(PDF)4.2)(3)に該当する車両に装着した装置を申請する際に提出すること。
(2)
添付書類
事業報告書の直近事業年度分の資本金、従業員数の記載があるページ(第1号様式「事業概況報告書」)の写し
対象装置を導入した車両の「車検証の写し」
【購入の場合】対象装置購入の取得価格が分かる「領収書の写し」または「割賦販売契約書の写し」
当該取得価格が車両全体の価格に含まれて不明な場合は、取得価格が分かる関連書類を別途添付すること。また、車両代金を分割払いにする場合、装置代金部分の支払いが終了していることが必要であるため、「装置のみの領収書の写し」を別途添付すること。
【リースの場合】「リース契約書の写し」
リース契約書等に自動車登録番号または車台番号が記載されたものを添付すること。なお、当該記載が無い場合は、借受証やリース自動車検収完了証等の写しを別途添付すること。

6.助成金を受けた装置の処分・取り扱い

(1) 助成金の交付を受けた会員事業者は、当該装置を装着した日から4年を経過するまでの期間は、「処分」(譲渡、交換、廃棄、他用途への転用、貸付または担保)をしてはならない。但し、あらかじめ、「装置処分承認願」(様式4)を東ト協会長宛に提出し、承認を得た場合はこの限りではない。
(2) 会員事業者から上記 様式4の提出があり、相当の処分理由が認められた場合には、東ト協は当該提出事業者へ「装置処分承認通知書」(様式5)を発行し、同承認を全ト協へ報告する。

【参 考】

「平成30年度 衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成事業 取り次ぎ実施要領」(要領PDF)

【問合せ先・申請書類の送付先】

一般社団法人東京都トラック協会 運行管理部
 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-8
             TEL.03-3359-3618

【関連助成】

○先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援(平成29年度)(国土交通省)(参考)

  1.トラック協会の助成と併用申請可能になっております。
  2.問合せは、東京運輸支局 検査・整備・保安部門(電話:03-3458-9237)になります。