アーカイブ

事業用自動車の安全確保の徹底について

 平成27年10月6日(火)午後1時半頃、 横浜市緑区長津田町の東名高速道路「横浜町田インターチェンジ」から下り車線本線に合流する左カーブにおいて、軽油14キロリットル、ガソリン10キロリットルを積載していたタンクセミトレーラが道路右側のガードレールに衝突・横転するという事故が発生しました。

 この事故により、運転者(40代)が死亡するとともに、積載していた軽油などが道路に流出し、7時間以上にわたり通行止めとなる事態となりました。

 これを受けて、全日本トラック協会から、「事業用自動車の安全確保の徹底について」通達が発出されましたのでお知らせいたします。

 

 

事業用自動車の安全確保の徹底について(全ト協)