環境への取り組み交通安全への取り組み経営安定への取り組み緊急輸送体制サービスの向上関係行政機関・団体協会について
HOME > サービスの向上 > 4月1日に「公認支部」が発足

4月1日に「公認支部」が発足

 東京都トラック協会(東ト協、大髙一夫会長)は4月1日午後、新宿区四谷3丁目の全日本トラック総合会館ホールで、公認支部発足式を開催し、支部長認証状や支部旗の授与を行いました。これにより、これまで「地域会員」という位置づけだった25の支部が本部と一体化し、法的・社会的に認められた支部(公認支部)へ移行しました。
 東ト協は、平成25年4月に一般社団法人としてスタート後、総務小委員会の発議を受けて、「支部の内部組織化」を進めていたものです。
 検討にあたっては、アンケート調査結果などを踏まえ、①支部の主体性を確保しつつ「現状の運営形態」をできる限り変えないで内部組織化する(東京方式)、②「東京方式」(支部運営の骨格となる事項)を明確にし、それを内部組織化の前提条件とする、③支部の内部組織化の実施時期は平成27年4月1日とする――の3点に配慮してきました。
 こうした形での内部組織化は、全国のトラック協会でも初めてのことです。

 

大髙会長挨拶全文

 

公認支部発足式:支部旗授与
公認支部発足式:支部旗授与
service title
Copyright©Tokyo Trucking Association. All rights reserved.