環境への取り組み交通安全への取り組み経営安定への取り組み緊急輸送体制サービスの向上関係行政機関・団体協会について
HOME > 経営安定への取り組み > 燃料価格、最高値更新経営危機で総決起大会(平成20年)

燃料価格、最高値更新経営危機で総決起大会(平成20年)

 平成20年は異常ともいえる燃料価格の高騰が続き、8月にガソリン価格が1リットル当たり185円台まで急騰し、過去最高値を更新した。
 こうした中、東ト協をはじめとした関東トラック協会は8月26日、千代田区の自民党本部で「燃料高騰経営危機突破総決起大会」(写真)を開催し、燃料サーチャージ導入などによる適正運賃確保、燃料税の緊急減税または燃料費の補填などの対策を訴えた。
 同日は、全日本トラック協会が全国で約2万人を動員し、「燃料高騰による経営危機突破全国一斉行動」を展開した。
 一方、国土交通省は、3月に「燃料サーチャージ緊急ガイドライン」などを通達。さらに9月には、政府・与党が緊急対策を打ち出し、これに基づいて同年度第1次・2次補正予算に、トラック運送業の省エネ支援など燃料高騰対策が盛り込まれ、総額200億円規模の対策予算が計上された。

平成20年燃料高騰経営危機突破総決起大会

management title
トピックス
Copyright©Tokyo Trucking Association. All rights reserved.