どうしてトラックが荷物を運ぶ主役になったの?
高速道路がどんどん建設され運ぶ時間が短くなったこと、トラックなら玄関(げんかん)から玄関まで届けられること、かんたんな荷造りですむこと、トラックがだんだん大きくなりたくさんの荷物が運べるようになったことなどが理由で、荷物を運ぶ主役になりました。

次の表は高速道路の長さと、鉄道、船、飛行機などがどれだけ貨物を運んだかを、年ごとに示したものです。


高速道路が長くなるにつれ、トラックが運ぶ割合が多くなってきたことが分かりますね。





次のページへ
前のページへ