平成20年12月8日

300両未満の事業者の皆様へ

東京都貨物自動車運送     
適正化事業実施機関本部長
((社)東京都トラック協会会長)

 

運輸安全マネジメントの取り組みについて

 

 平成18年10月から貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律が施行され、全ての事業者が「運輸安全マネジメント」を導入し、実施しているところです。
 当協会におきましては、平成19年3月の協会のホームページに「運輸安全マネジメント実施計画書作成の手引きについて」(会員専用)を掲載し、具体的な実践方策について、継続してご案内してきました。
 早いもので、平成21年3月には重点期間が終了し、4月からは行政処分基準通達において規定されている

輸送の安全に係わる情報の公表義務違反
 
貨物自動車運送事業者が従業員に対して指導及び監督を行うために講じるべき措置による全従業員に対する指導及び監督義務違反

について処分が適用されることとなります。

 このたび、300両未満の事業者の皆様が取り組まなければならない具体的な「運輸安全マネジメント」の実施方法について、事例を交えながら紹介することとしました。

 下記資料を参照され、「運輸安全マネジメント」の導入及び義務付けされている安全に関する情報の公表が、適正に実施されますようご案内いたします。

   ●参考

自動車運送事業における運輸安全マネジメントの取り組みについて(PDFファイル)
 
協会ホームページ
「運輸安全マネジメント実施計画書作成の手引き」(会員専用)