北海道洞爺湖サミット開催に伴うテロ対策の徹底について

 標記について、平成20年7月7日から9日にかけて北海道洞爺湖サミットの開催が予定されており、各国の要人等が多数来日することから、国際テロ等不法行為の発生が懸念されております。
 平成17年に英国で開催されたグレンイーグルスサミットでは、開催地から離れた首都ロンドンで地下鉄を狙った連続爆弾テロが発生しました。
 同様に、北海道洞爺湖サミット期間中は、東京都内においてもテロの発生が懸念されております。
 つきましては、会員各位におかれましては、下記のテロ防止に係る対応策等に留意し、業務にあたられますようお願い申し上げます。

テロ防止に係る対応策

営業所・車庫内外の巡回
終業後のドアロックの徹底
車両、身分証明書、制服等の管理及び、盗難・紛失時の警察への連絡の徹底
荷送り人に覚えがないなど不審な荷物である旨の連絡があった場合には、荷物に触れないよう注意喚起するとともに、荷物の状態に応じ、速やかな引き取り、警察への連絡等適切に対応する。
営業所等で不審な荷物を発見したときは、触れないようにするとともに、荷物の状態に応じ、警察への連絡等適切に対応する。
放射性物質等危険物輸送における安全管理を徹底する。
テロ発生時の通報・連絡・指示体制の整備

サミット期間中のテロ対策に協力をお願いします(国土交通省)

サミット開催に備え「東京都テロ警戒推進本部」を設置しました(東京都)