光化学スモッグの発生しやすい時期における協力のお願い

 東京都より、6月〜9月にかけての光化学スモッグが発生しやすい時期における窒素酸化物等の削減のため、下記の通りトラック運送事業者への協力依頼がありました。会員各位におかれましては趣旨をご理解のうえ、ご協力お願いします。

 

光化学スモッグの発生しやすい時期における協力について

 光化学スモッグの発生要因は、工場・事業場及び自動車から排出される窒素酸化物と炭化水素が、太陽の紫外線を受けて光化学変化を起こし、オゾンなどの光化学オキシダントが発生する大気汚染現象です。
 東京都は、都内41か所で光化学オキシダントを測定しており、光化学スモッグが発生しそうなとき、又は発生したときは、予報や注意報を発令しています。
 予報や注意報を発令した場合、緊急時の早期解消のために協力工場・事業場に燃料削減措置等の要請を行っております。
 特に6月から9月は気象的にみて、光化学オキシダントが高濃度になりやすい時期であり、目やのどの痛みなど光化学スモッグによると思われる被害も発生します。
 つきましては、トラック等の運行管理者におかれましては、光化学オキシダントが高濃度になりやすい6月から9月までの期間、@アイドリング・ストップの励行、A不要不急の車の使用自粛、B低公害車の優先的な使用などにより、自動車から排出される窒素酸化物等の削減にご協力をお願いします。

光化学スモッグ注意報等の情報は、以下により提供しています。
 ・環境局ホームページ:http//www.kankyo.metro.tokyo.jp
 ・携帯電話:http//www.kankyo.metro.tokyo.jp/cgi-bin/tokyokh/kinkyu/ox.cgi
 ・大気汚染情報テレホン&FAXサービス:03-5320-7800

問い合わせ先:環境局環境改善部大気保全課  電話:03-5388-3483