平成22年度 低公害車の導入に関する補助事業実施要領
(ポスト新長期規制適合トラック補助事業)

東ト協環環発第36号
平成22年10月8日

1.交付要綱

 「低公害車導入促進事業に関する補助金交付要綱(平成22年3月30日付け東ト協環環発第88号)」に基づき、下記のとおり実施する。

2.予  算

63,910千円(東ト協のみ。)
※但し、CNGトラック、ハイブリッドトラックの予算を含む。

3.補助対象車両

 東ト協会員事業者が使用する使用の本拠の位置が「東京都内」の車両総重量3.5t超で、新車「新規登録車」のポスト新長期規制適合トラック(ディーゼルトラック)
※車両型式が「LDG−、LKG−、SKG−等」のポスト新長期規制適合トラック

4.補助予定台数

575台(予定)
※但し、CNGトラック、ハイブリッドトラックの台数を含む。
※導入トラックの補助台数については、1社30台まで(補助数制限)。

5.補助金額

大型 18万円(定額)……(主な車名:ギガ、プロフィア、スーパーグレート、クオン 等)
中型 10万円(定額)……(主な車名:フォワード、レンジャー、ファイター、コンドル 等)
小型  6万円(定額)……(主な車名:エルフ、デュトロ、キャンター、コンドル(小型) 等)

6.申請受付期間

 平成22年10月25日(月)から平成23年3月15日(火)まで
※但し、上記期間内であっても、予算枠に達した場合は、その時点までとする。

7.申請手続き

(1)申請(請求)方法
 車両を登録後に「ポスト新長期規制適合トラック補助金申請兼請求書」に所定事項を記入し、必ず添付書類を添えて、東京都トラック協会環境部(環境対策窓口)に提出する。
なお、申請は、窓口での受け付けとし、郵送による受け付けは行わない。
 平成23年3月15日までに登録を完了し、実績申請ができること。
(2)添付書類
 購入の場合には、「車検証の写し」と「請求書」、「領収書」を添付すること。
 リースの場合には、「リース契約書の写し」と「車検証の写し」を添付すること。

8.導入上の要件

(1)導入台数について
 東京都トラック協会のみの補助のため、国との協調補助は条件としないので、1台から導入が可能。
(2)導入車両について
 補助対象トラック(ポスト新長期規制適合トラック)を本年度内登録(平成23年3月15日までの登録)の新車「新規登録車」であること。
(3)その他
 以下に該当するものについては、補助対象外とする。
@ 割賦販売等で導入し、購入代金を全て支払っていないもの。
  (割賦販売等により、車両の所有権が留保(自動車販売会社など)されているもの。)
A 手形により支払われたもの。
B 転貸リースにより導入したもの。

9.リースの取扱い

 リースによる導入に関しては、リース会社とファイナンスリースにて締結するリース契約とする。

10.その他

 補助金受領後、一定期間の間に導入した低公害車を処分(転売等)する場合は、東ト協にその内容を報告しなければならない。

11.適用期日

 本要領は、平成22年度事業に適用する。

 

※一旦保存した上で、印刷してください。
○「申請書類」
  
様式1 「ポスト新長期規制適合トラック補助金申請兼請求書」
(MS Excel ファイル)
様式1参考 「ポスト新長期規制適合トラック補助金申請兼請求書」記載例
(PDFファイル)

 

◎申請先
  
東京都新宿区四谷3−1−8 東京都トラック総合会館 3F
環境部「環境対策窓口」
電話: 03−3359−6672(低公害車)
平成22年度補正予算〈低公害車普及促進対策費補助制度〉