「中小トラック事業者構造改善支援事業」(第二次補正予算)について

 国土交通省では、平成20年度第2次補正予算の一環として、「中小トラック事業者構造改善支援事業」を下記の通り実施します。

1.補助対象事業者

○5両以上30両以内の車両を保有していること。
○総費用に占める燃料費の割合が概ね20%以上であること
○社会保険等に加入していること
○「中小トラック事業者構造改善実証実験事業」(第一次補正予算)の補助金を受けていないこと
○一定の実証実験期間中に概ね5%以上の省エネ効果を見込むことが出来ること

2.補助対象経費

期間中の燃料費、省エネ機器の導入費用、期間中の低燃費車両リース料、講習会への参加費用、研修会の開催費用など、実証実験に必要な経費
※但し、補助対象経費を計上するにあたって、根拠となる書類の添付が必要。
 計画策定・機器の購入等にあっては、見積書。燃料費にあっては、実証実験期間中における使用燃料の計算根拠
(例:前年同期の請求書・領収書等により使用量を確定し、直近の燃料価格等を乗じ、5%の省エネ効果を見込んで算出する。)

3.補助額

実証実験経費の1/2(上限額100万円以内)
※申請件数が多数の場合、上限額を減額

4.交付申請締切

平成21年6月1日(月)(必着)

5.申請の流れ

1)交付申請書の提出(東ト協あて)(下記「6.交付申請時の提出書類」参照)
2)交付決定(運輸局より「交付決定通知書」により通知)
3)実証実験(平成21年7月1日〜平成21年10月31日の間の1ヶ月以上2ヶ月以内の期間)
4)実績報告書の提出(東ト協あて)(実証実験終了後、1ヶ月以内)
 ※概ね5%以上の省エネ効果が達成されていない場合は、補助金が交付されません。
5)額の確定通知(運輸局より「額の決定通知書」により通知)
6)補助金請求書の提出
7)補助金の交付

6.交付申請時の提出書類

中小トラック事業者構造改善支援事業交付申請書・実績報告書作成マニュアル(PDF
中小トラック事業者構造改善支援事業交付申請チェックリスト(PDF
中小トラック事業者構造改善支援事業交付申請書類(第4号様式・別紙1〜3・事業計画書・振込先調書)
一太郎WordPDF
一般貨物自動車運送事業損益明細表(ExcelPDF
要件確認書類(添付書類)
保有車両:計画書記載の保有車両については、運輸局にて確認(書類添付の必要無し)
燃料費の割合を証する書類:前年度の損益計算書の写し、もしくは、直近の1ヶ月以上の期間における試算表等
なお、計算対象の総費用とは、営業報告書第2号様式「一般貨物自動車運送事業損益明細書」に含まれる費用(運送費・一般管理費・営業外費用の計)を言う。
※決算書等での試算で要件を満たさない場合も、総費用のなかで除外を認められる費用を含んで計算している場合もあります。まずは、下記問い合わせ・申請先までお問い合わせください。
社会保険等加入を証する書類:新規適用届(健保・年金)及び保険関係成立届(労保・雇保)、もしくは、健康保険・厚生年金保険・労働保険・雇用保険それぞれの直近の納付書の写
補助対象経費を証する見積書等
添付書類(別紙1〜3)
別紙1: 見積書(写)など(講習案内・価格表など)
別紙2: 見積書(写)など(リースの場合は、リース料のわかる見積書)
別紙3: 請求書(写)など(単価の参考となる書類など)

7.問い合わせ・申請先

「中小トラック事業者構造改善支援事業」対応窓口を拡大
※申請の前に必ずお問い合わせください。
※申請の際は、必ず東ト協までお越しください。(郵送での申請は受け付けません。)
(社)東京都トラック協会 総務部 企画課
〒160−0004
東京都新宿区四谷3−1−8
TEL:03−3359−6253
FAX:03−3359−4695


 

中小トラック事業者構造改善支援事業について(全ト協)

「中小トラック事業者構造改善支援事業」応募要領(国交省)