環境への取り組み交通安全への取り組み経営安定への取り組み緊急輸送体制サービスの向上関係行政機関・団体協会について
HOME > 経営安定への取り組み > 物流経営士課程を開講(平成9年)

物流経営士課程を開講(平成9年)

 東ト協は、平成2年に「東京都トラック運送事業人材養成等財団」を設立し、以降、業界における人材養成事業を推進したが、さらなる充実・強化を図るため、1年に及ぶ本格的な研修課程を創設することになり、9年10月1日に「物流経営士課程」を開講した(写真=第1期開講式)。
 同財団設立の狙いとして当時、「物流専門大学校」設置が構想されたが、当面の対応として人材養成事業の改革を進めることになり、7年3月に改革構想を取りまとめた。
 それに基づき、同年6月に開講したのが「特別物流経営士課程」で、2年後の「物流経営士課程」開講の先駆けとなる。
翌10年には、全日本トラック協会が認定資格とする規程を制定した。
なお、同財団は24年に解散し、東ト協がその事業を継承した。

平成9年第1期開講式

management title
トピックス
Copyright©Tokyo Trucking Association. All rights reserved.