アーカイブ

阪神・淡路大震災 救援物資を緊急輸送(平成7年)

 バブル経済崩壊後の景気低迷が続く中、平成7年1月17日早朝、阪神・淡路大震災が発生した。これに伴い東ト協は同日、ただちに「緊急輸送対策本部」を設置し、東京都からの要請を受けて緊急輸送を開始し、被災地に救援物資を運んだ(写真)。
 以降、都および各区市の要請により、9次にわたって救援物資輸送を展開。本部・各支部を合わせて、延べトラック199 台が出動し、被災地の支援に当たった。
 この緊急輸送協力により、トラック輸送が非常時にも頼りになる、「ライフライン」の役割を果たしていることが、再認識された。
 東ト協の緊急輸送司令室・災害救助物資備蓄倉庫が竣工したのは、この大災害の2年前、5年3月だった。

平成7年阪神・淡路大震災