アーカイブ

2015(平成27)年 東ト協 重大ニュース

  • 一、4月1日付で、東京方式により全25支部の内部組織化を実現。各支部の主体性を確保しつつ法的・社会的に認知された「公認支部」への移行を果たす。
  • 一、乗務時間等告示違反事業者に対する指導方針の見直しを要望・実現。通報後、まず地方適正化事業実施機関が改善指導することとなる。
  • 一、駐車問題対策で地元関係者との「協議の場」を設け、「荷捌き車両に配意した駐車規制緩和区間」拡大などを求める活動を展開する。
  • 一、「トラック輸送における取引環境・労働時間改善東京都地方協議会」を開催。支部長との意見交換や実態調査を実施するなど、東京運輸支局・東京労働局と共に長時間労働抑制のための環境整備をめざす。
  • 一、警視庁交通部と連携・協働して「いっしょに安全!」キャンペーンを展開。トラックへのステッカー貼付により、ドライバーの意識向上を図り、都民に交通安全を呼び掛け「交通事故ゼロ」をめざす。
  • 一、国連エコドライブ名古屋カンファレンスでグリーン・エコプロジェクトの取り組みを紹介。同事業の成果と意義を改めて世界に発信・アピールする一方、国土交通大臣表彰を受賞する。
  • 一、高速道路利用の基本方針や料金案に対する意見提出など、営業用トラックの負担軽減を求める。
  • 一、第20回事故防止大会を「都民参加・外部発信型イベント」として開催。平成28年度以降の「トラックフェスタTOKYO」のトライアルとして好評を博す。
  • 一、初の婚活パーティを開催。独身男女に出会いの場を提供するなど、雇用安定対策の一助とする。
  • 一、青年部が警視庁交通部長から「特別優良団体」として感謝状を受領。各地域・小学校での交通安全教室開催など、子供たちを交通事故から守る活動が評価される。
  • 一、平成28年10月の創立50周年に向けて「記念事業実行委員会」を設置。
  • 一、全日本エコドライブチャンピオンシップで「足立支部GEPチーム」が現役プロレーサーチームを抜いて総合優勝。プロドライバーの運転技術の高さをアピールする