環境への取り組み交通安全への取り組み経営安定への取り組み緊急輸送体制サービスの向上関係行政機関・団体協会について
HOME > 交通安全への取り組み > 「第33回東京都駐車対策協議会」での意見発表について

「第33回東京都駐車対策協議会」での意見発表について

 一般社団法人東京都トラック協会駐車問題対策検討小委員会では、下記のとおり「第33回東京都駐車対策協議会」にて意見発表を行いました。

東京都駐車対策協議会における東ト協意見発表について

【日  時】

平成27年11月5日(木)

【場  所】

警視庁新橋庁舎 大会議室

【出 席 者】

駐車問題対策検討小委員会 松本委員長(副会長)
同、髙橋副委員長、大島副委員長

【会議構成】

警視庁、国土交通省、東京都、区市町村 等 関係行政庁のほか、団体、企業等多数出席

【東京都駐車対策協議会の目的】

 都内における駐車対策に関する意見、実態等について関係行政機関及び関係団体等が情報交換を行い、相互理解を深め、総合的な駐車対策を推進し、もって駐車秩序の向上を図ることを目的とするもの

【会議概要】

 警視庁交通部長の挨拶の後、駐車対策に係る各団体の取組みについて、警視庁の他、3団体から発表を行った。
 現在、駐車問題対策検討小委員会では、駐車規制緩和区間の拡大要望等の短期的な取り組みのほか、まちづくり、再開発等の長期的な取り組みにも力を入れているところであり、警視庁駐車対策課と意見交換を重ね、今回の協議会での意見発表を行ったもの。

   

テーマ

 「社会と調和した荷捌き駐車の実現に向けて」

発表者

一般社団法人東京都トラック協会  副会長 松本 有司
(駐車問題対策検討小委員会 委員長)
 ※発表内容は下記のとおり

   

○東ト協意見発表(要旨)(PDF)

○配布スライド(PDF)

safety title
Copyright©Tokyo Trucking Association. All rights reserved.