アーカイブ

東京都が貨物運送事業者に対する「貨物輸送評価制度」の2015年度評価事業者を発表

~ 東京都トラック協会会員事業者224社が評価(認定)される ~

 東京都は、自動車からのCO2削減を推進する新たな仕組みとなる、貨物運送事業者の実走行燃費を定量的に評価する世界初の「貨物輸送評価制度」における評価(認定)事業者を決定し、7月1日付で発表しました。
 この評価制度は、都内に物資を輸配送する貨物自動車運送事業者の運行させる全車両における1年分(平成26年4月から27年3月まで)の実走行燃費記録をもとに、CO2削減に関する努力を評価し、評価を受けた運送事業者を東京都が公表するもので、評価は「★」~「★★★」の3ランクとなっています。この制度においてエコドライブや低燃費車導入などの取り組み、日常的な燃費管理によって評価された事業者は、星数が一つであってもCO2削減の取り組みは自動車輸送において優れたレベルとされています。
 なお、今回の評価事業者229社のうち、224社が東京都トラック協会会員事業者で、そのうち220社がグリーン・エコプロジェクト(GEP)参加事業者です。

東京都トラック協会会員事業者
3星評価 ☆☆☆ 13社 (うちGEP参加事業者13社)
2星評価 ☆☆ 86社 (うちGEP参加事業者84社)
1星評価 125社 (うちGEP参加事業者123社)
評価事業者 224社 (うちGEP参加事業者220社)

<2015年度東京都「貨物輸送評価制度」評価事業者一覧>(PDF)

○東京都 報道発表資料(平成27年7月1日付)
 ・平成27年度「貨物輸送評価制度」の評価事業者を決定しました(PDF)

貨物運送事業者の燃費評価制度の詳細、評価事業者一覧について(東京都環境局ウェブサイト)