アーカイブ

首都高速道路における「大型車両の安全な通行等の確保に関する協力について」

本年1月に入り、首都高速道路において大型車の横転事故が3件連続して発生したことを受け、首都高速道路(株)より当協会あて下記の通り協力依頼がありました。
つきましては、ご高覧のうえ、大型車両の安全運行の励行を再度徹底していただきますようお願い申し上げます。

首都高速における平成24年1月に発生した大型貨物車の係わる重大事故一覧

月日(曜日)
時間
発生場所 形態 概要 通行止
時間
1月6日(金)
13時07分発生
湾岸線西行
浮島JCT内
(Dランプ)
施設接触のち横転  セミトレーラー(海上コンテナ40ft)が湾岸線方面からアクアライン方向へ走行中に現場付近にて、積荷が動いたことにより車両のバランスを失い横転し、その後、左側施設に接触したもの。なお、この事故で車両の燃料が両車線に流出し道路の舗装に大きな損傷をあたえた。 事故処理:3時間49分
応急復旧:1時間45分
合  計:5時間34分
1月7日(土)
11時43分発生
5号池袋線上り
西台カーブ
 
【ストリートビュー】
横転のち
車両火災
 セミトレーラー(海上コンテナ40ft)が高島平方面から仲代方向へ走行中に現場付近にて、ハンドル操作を誤ったことにより車両のバランスを失い横転し、その後、車両火災となったもの。なお、この事故で積荷(古紙)が燃えたため鎮火確認に時間を要した。 事故処理:14時間17分
1月13日(金)
4時49分発生
4号新宿線下り
代々木分流
手前カーブ

【ストリートビュー】
転覆のち
施設接触
 セミトレーラー(スタンション型)が外苑方面から代々木方向へ右車線を走行中に現場付近にて、原因不明なるも車両のバランスを崩し転覆し積荷(鉄柱)を散乱させ、その後、左側施設に接触したもの。なお、運転手は病院搬送後に死亡が確認された。 事故処理:7時間26分